本当に離婚していいの?

修復がむずかしい場合

スポンサードリンク


何らかの理由があって・・・
長い間蓄積された感情によって・・・


・もうまったく愛情が持てない
・顔を見るのも、気配を感じるのも不愉快
・同じ家に住んでいても、事務的な連絡以外口もきかない


そのようなケースでは

形だけ家庭を保っても、お互いに不幸です。
心がすさんでくると思います。


そんな環境にいたら、その後の人生がいい形に発展してはいかないでしょう。


子どもにとっても、悪影響が大きいと思います。


そんな家に育つくらいなら、多少の苦労をしても、明るい母子家庭で育った方が、
よほど幸せで、健やかな成長が期待できるという場合もあるかもしれません。


このようなケースをはじめ、
辛い結婚生活に耐え、精神的に健康な状態でいられない・・・
明るく前向きに生きるために、苦労をするとしても離婚した方が幸せ・・・


そんな思いを持ちながら、離婚後の生活への不安から一歩を踏み出せない・・


そんなあなたのために、私はこのサイトを立ち上げました。


「自分ひとりならともかく、子どもを抱えて生活していかなきゃいけない。
長い間、育児のために家にいて、再就職できそうなキャリアもない。
やっていける自信がない。子どもに貧しい思いをさせるわけにいかない。」


そう思って悩んでいるのではありませんか?


9年前の私がそうでした。


でも、私はちゃんと就職し、転職も何度かし、年々キャリアアップもしています。
それに伴い、9年前に比べれば収入もだいぶ増えました。


やれば、できるのです!


あなたもぜひ希望の持てる明日を目指してください。
私は、このサイトを通じて、出来る限りのお手伝いができたら嬉しいと思っています。

2006年04月09日 05:52