母子家庭ー就職に関する公的援助

母子家庭自立支援給付金(厚生労働省)

スポンサードリンク

スキル不足のために、就職が難しかったり、
十分なお給料がもらえないということはありませんか?


必要な専門知識や技能を学んだり、資格をとると
就職に有利だとはわかっていても、受講料がバカになりませんよね?


厚生労働省が、母子家庭の母の自立を支援する制度を設けています。
受講料の40%を補助してもらえます。

母子家庭の母が、「教育訓練給付金指定講座」を受講し、所定の手続きをとると、
雇用保険法による教育訓練給付と同様の給付金が受けられます。
詳しくは以下のとおりです。


◆自立支援教育訓練給付金事業


1.概要

母子家庭の母の主体的な能力開発を支援するもので、雇用保険の
教育訓練給付の受給資格を有していない人が指定教育講座を受講し、
修了した場合、経費の40%(8千1円以上で20万円を上限)が支給されます。


2.対象者(要件)

・児童扶養手当支給水準の母子世帯であること
    ・雇用保険法による教育訓練給付の受給資格を有していないこと
    ・教育訓練を受けることが適職につくために必要であること


3.対象となる講座

自立支援教育訓練給付金事業の対象となる講座は、次のとおりです。


    ・雇用保険制度の教育訓練給付の指定教育訓練講座
       ・その他、上記に準じ都道府県等の長が地域の実情に応じて対象とする講座


2006年05月06日 08:56