母子家庭ー無利子・低金利の福祉貸付

応急小口資金

スポンサードリンク

低所得世帯が病気などで緊急に資金が必要となった場合、
その資金を無利子で貸してくれる制度です。
保証人が必要です。

世田谷区と杉並区のHPより抜粋して紹介します。
似たような制度が各市町村にあると思いますので、窓口で確認してみてください。

 ー世田谷区HPよりー

[保健福祉センター生活支援課]

低所得世帯が病気などで緊急に資金が必要となった場合、
その資金を無利子でお貸しします。保証人が必要です。


応急小口資金

 貸付限度額   15万円(医療・災害で必要な場合30万円)
 返済方法     3か月目から30か月以内の均等返却
 貸付対象世帯  低所得世帯で他の資金から借り入れが困難な場合(所得制限あり)

【応急小口資金の貸付】 杉並区HPより

応急小口資金の貸付
病気や災害などのため応急に資金が必要な方に、下記の条件のもとでお貸しします。


◇申込者の資格

(1)原則として世帯主であること
(2)3ヶ月前から引き続き杉並区に居住していること
(3)一定の条件を満たす連帯保証人を一人たてられること
(4)この資金の返済が確実であること
(5)現在、生活保護を受けていないこと
(6)他から資金を借受けることが困難であること
(7)現在、この資金を借受けていないこと
 ※世帯の収入上限があります。


◇貸付限度額

(1)一般貸付は10万円以内
(2)特別貸付は30万円以内
(3)医療費・災害貸付は50万円(単身世帯への災害貸付は30万円)以内


 ※福祉事務所でも取り扱っておりますが、(2)と(3)は管理課地域福祉係
でのみの取扱いとなります。


◇貸付利率 無利子


◇返済期限

6か月の据え置き後、
(1)10万円までは10か月以内
(2)20万円までは20か月以内
(3)50万円までは30か月以内


◇違約金

借受けた資金を返還期間内に返済しない場合、
その期限の翌日から起算して返還の日までの日数に応じて、
未返済額に年10.95%の割合で違約金を徴収します。



2006年05月06日 08:50