母子家庭ー無利子・低金利の福祉貸付

生活福祉資金

スポンサードリンク

資金の貸付と民生委員の援助活動で,
世帯の自立や生活の安定を図ることを目的とした貸付制度です。

世田谷区の例を紹介します。
他の自治体でも同様の制度があると思いますので、
住んでいる市町村の窓口で確認してみてください。


世田谷区HPより
 [(社福)世田谷区社会福祉協議会]

  資金の貸付と民生委員の援助活動で、
  世帯の自立や生活の安定を図ることを目的とした貸付制度です。


◆貸付対象

(1)都や区などの貸付資金からの借り入れが困難な所得の少ない世帯
  (収入基準あり)
(2)身体障害者手帳、愛の手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と
  生活をともにする世帯
(3)日常生活で介護を必要とする、おおむね65歳以上の方と生活をともにする世帯
  (収入基準あり)


資金種類は、使用目的別(更正資金、障害者更正資金、生活資金、福祉資金、
障害者福祉資金、障害者自動車購入資金、住宅資金、療養資金、災害援護資金、
修学資金)になっており、申し込みには連帯保証人が必要です。


 貸付条件の詳細は、 各地区社会福祉協議会にお問い合わせ下さい。

 *特別貸付・特例貸付があります。


[生活福祉資金]

福祉資金−福祉費

 貸付限度額(一般)  30万円
 据置期間       6か月以内
 償却期間       3年以内
 利子          年3%
 貸付対象世帯    低所得者 身体障害者 知的障害者 精神障害者 高齢者


各地区社会福祉協議会にお問い合わせ下さい。

2006年05月06日 08:49