母子家庭が受給できる手当

就学援助(教育委員会)

スポンサードリンク

就学援助というのは、主に義務教育課程の小、中学生に対して、
学校給食費や学用品費、修学旅行費等の一部が援助される制度で、
教育委員会で実施しています。

◆就学援助

 1 対象者

  ア 生活保護を受けている世帯
  イ 前年中に生活保護の廃止・停止を受けた世帯
  ウ 児童扶養手当を受給している世帯
  エ 所得基準以下と思われる等(生活保護基準の1.1倍以内の所得)


 2 申請手続き

  在籍する小・中学校を通じて、または教育委員会の窓口で毎年申請します。

  <私の場合は、離婚したときに教育委員会に直接行き、申請しました。
   その後は、毎年学校から子どもを通じて書類が渡され、学校の事務室に
   書類を出しに行っていました。>
   

 3 援助の種類、支給額、支給方法等
 
 
  住んでいる地域の教育委員会によって違ってくると思いますので、確認しましょう。
  (教育委員会は市役所、区役所等の建物内にある場合が多いです。
  場所がわからなかったら、市役所、区役所で聞けば教えてくれるはずです。)

  参考までに・・・
  学用品費は、たいていどこの教育委員会でも支給しているようです。
  支給額は年額で15000円くらいから30000円くらいまでで、
  小1から中3まで段階的に年々上がっていくようなかんじです。


  あと、給食費もたいてい全額支給されます。
  そのほか、小学校、中学校入学時の入学支度金(25000円前後)、
  修学旅行費(大体実費と同額程度)、
  学校健診で見つかった病気(虫歯もOK)の治療費(無料で受診できる用紙の配付)
  などが支給されるところが多いです。

2006年05月06日 08:46